外壁塗装の知識

一覧に戻る

外壁はなぜ劣化するの?汚れるの?

そもそも外壁はどうして劣化するのでしょうか?またどのような経緯で汚れるのでしょうか?

外壁リフォーム工事が必要となる、これらの原因をまとめてみました。

①外壁の劣化あれこれ

外壁は人間の肌と同様、年月が経てば徐々に劣化(老化)が進んでいきます。

外壁の塗膜は分子同士が鎖の状態で繋がっていますが、空気中の酸素や水、熱、光などの影響で分子の鎖を切ってしまいます。これが劣化の始まりで、とりわけ光(紫外線)の影響が大きいです。

それでは劣化としてどのような現象が出てくるのでしょうか?

A.変褪色(へんたいしょく)

塗料の中の顔料が紫外線の影響を受けて、色あせする現象をいいます。

B.クラック

外壁のひび割れの事を指します。塗膜は経年により付着力が段々衰えると、水や空気を通しやすくなり、膨張や伸縮にさらされる機会が多くなるためクラックが発生します。

C.チョーキング

塗膜の分子の鎖が切れますと、鎖により閉じ込められた顔料も表面に出て来ることになります。これがチョーキングという現象で、表層を撫でるとチョークのような粉が手に付着します。

 

②外壁の汚れ

外壁に塗られた塗膜が汚れた時、お住いの建物は非常に見苦しくなります。

外壁塗装を検討されるお客様の多くは塗膜自体が劣化したという事より「汚れ」を気にされて塗装を決断される方が多いようです。従いまして「汚れにくい」という事は塗料の重要なパーツの

一つですが、ではその「汚れ」はどのようにして発生するのでしょうか?

A.帯電性

塗料を構成する合成樹脂は一般に帯電(物体が電気を帯びることです)しやすい物質で、塗膜の表面も静電気を帯びて、空気中のホコリを付着させてしまいます。

これの対策として、界面活性剤を使い静電気を逃がすことで、汚れ防止をすることが出来ます。

B.塗膜表面の滑らかさと硬さ

塗膜の表面にツヤがないマットな状態の時、ツヤのある物に比べ汚れやすいと言われています。また、ウレタン塗料を代表とする弾性塗料の場合、塗膜が柔らかい

ので表面にゴミなどが付きやすく、汚れが目立つケースがあります。汚れを付きにくくする一つの方法として、塗膜面を硬くすることが挙げられます。

③外壁のカビや藻とは?

外壁に付着し美観的に問題となるカビや藻、それらは一体どういったもので、どのような違いがあるのでしょうか?

A.外壁のカビ

カビは空気中を飛んでいる胞子が建物などに付着し、適度な温度の下、水や酸素を栄養源として繁殖していきます。この世の中にカビは数万種類存在しますが、住宅に付着するカビは約50種類ほどと言われています。

住宅に付着するカビ菌は黒カビ・青カビ等様々存在しますが、これらは土壌中に無数におり、花粉と同じように胞子となって空気中に浮遊します。体内に入った場合、アレルギー等を引き起こす危険もあります。カビは気温25度以上、湿度80%以上の環境下で猛繁殖します。浴室や北面の外壁などの風通しが悪く、ジメッとしたところが該当します。

外壁のカビ

B.外壁の藻

外壁の美観を著しく損ねるカビや藻。その中の藻とはカビ同様、胞子の状態で外壁に付着します。

藻はコケやシダといった植物と同様、水を利用して光合成(植物が自分で生きるための養分を作り出す働き)する生物です。空気中の藻の胞子が外壁等に付着し、光合成により繁殖します。

藻は乾燥すると死滅しますが、厄介な事にその藻の死骸をカビが食べて、今度はカビが繁殖するという構造となります。日本は高温多湿でカビや藻が繁殖しやすく、特に梅雨時に猛繁殖します。

やがて夏が過ぎ、気温が低下し空気が乾燥していく中でカビや藻は死滅しますが、その死骸は翌年新たに付着したカビの栄養源ともなります。外壁のカビや藻を落とそうと、こすり洗いしても

なかなか除去できないのは外壁に根強く食い込んでいるためです。塗装を行う事で外壁表面はある程度、平滑になりますのでカビや藻は付着しにくくなる効果があります。ただし、塗料自体に

配合されている界面活性剤などもカビの栄養源となりますので、なかなか完全除去は難しい状況です。

昨今の外壁塗料には防藻・防カビ剤が配合された物が多くなってきましたがこれも万能ではなく、ある種類のカビや藻にしか効果が発揮されないような物となっています。

外壁の藻

④外壁塗料の親水性や撥水性とは?

外壁の汚れに対し有効とよく耳にする、塗膜の親水性や撥水性とは一体どういうものなのでしょうか?

外壁塗料でよく聞く親水性や撥水性とは外壁塗膜の水に対する「なじみ」の事です。

A.親水性

水がなじむ場合を「親水性」という言葉で表現され、下の図の通り水の接触角が30度以下の場合を指します(超親水で10度以下)。親水性が安定していると水なじみが良い事から、外壁に対する

セルフクリーニング効果が発揮され、対汚染性が良好とも言えます。

B.撥水性

反対に外壁の表面が水をはじく性質の事を撥水性と表現され、下の図の通りおよそ接触角が90度以上の場合を指します(超撥水で150度以上)。撥水性の場合、雨水の汚れが外壁に付着しないと思われがちですが、雨水のみはじかれて流れ落ち、油成分などを含んだ汚れだけが塗膜表面に残る事が多いです。

昨今、塗料メーカー各社から販売されている低汚染性塗料は水の接触角を小さくして親水性を高める事により、汚れも一緒に洗浄するという塗料となります。

ただし、低汚染とは「汚れにくい」という事で、全く「汚れない」というわけではありません。

一覧に戻る