外壁塗装の知識

一覧に戻る

外壁塗装のメリット・デメリット

外壁塗装は、家の見た目を美しくするだけでなく、外壁を雨や紫外線から守り、家の耐久性を高める大切な役割を担っています。塗り替えの目安は、新築の場合で約10年。そろそろかな、と思ったら、外壁塗装の準備を始めましょう。

とはいえ、外壁は家の中にいれば目につかないし、しばらくは放っておいても普段通りに生活できてしまうため、「本当に必要なの?」と感じる方も多いのでは。そこで、外壁塗装を行うことでどんな効果が得られるのか、また、塗り替えることで逆にデメリットになることはないのか、ここでご紹介します。外壁塗装で失敗しないためにも、メリットやデメリットについてしっかり把握しておきましょう。

外壁塗装のメリット

①建物全体の耐久性が向上する

外壁塗装の最も重要なメリットは、外壁だけでなく建物の耐久性を高められるということ。家は、雨や直射日光などの厳しい自然環境に常にさらされています。外壁塗装を行うと、塗料によって外壁材がしっかりコーティングされるので、雨の侵入や紫外線による劣化から守られ、建物の耐久性の低下を防ぎます。

逆に、塗装が劣化したまま放置してしまうと、外壁の表面にヒビ割れが起きやすくなります。すると、外壁材が雨や紫外線にさらされて劣化し、やがては建物の耐久性の低下に繋がってしまうのです。

②湿気によるカビ・シロアリ被害を抑える

外壁塗装を行うと防水性が向上し、雨などの水分が外壁で弾かれるようになります。外壁材への水分の侵入が食い止められることにより、構造材の腐食を防ぐと同時に、カビやシロアリの発生を防ぐというメリットもあります。カビの発生は、住む人の健康を害する原因になります。家の中を毎日きれいに掃除していても、壁の中にカビが生えていることが原因でアレルギー症状を発症することもよくあります。シロアリもまた、湿気の多い場所を好み、家の構造材に穴を開けボロボロに劣化させてしまいます。これらは全て湿気が原因によって起こる被害。外壁塗装は、こうした湿気や水分をシャットアウトして、家を健康に保ちます。

③家の美観が高まる

外壁を塗り替えることで最初に感じられるのは、やはり見た目の変化です。外壁の汚れは日々目にしていると気づきにくいものですが、塗装が劣化すると汚れやすくなるため、実はゴミ、カビなどがたくさん付着しているものです。塗り替えるとその違いは一目瞭然。艶のある美しい外観を取り戻すことができ、家の資産価値も高まります。

色は、白やベージュ、グレーなどが人気。これまでと違う色を選んだり、部分的に配色を変えたりすれば、思い切ったイメージチェンジにもなります。

 

機能性塗料を使うと、こんなメリットも!

外壁塗料の中には、特殊な機能を持つ塗料もあります。塗料自体は通常の塗料と比べて少し高くはなりますが、生活環境やメンテナンス性をより向上させるものもあるので、トータルで考えればコストパフォーマンスに優れています。

【遮熱塗料・断熱塗料】
遮熱塗料は、熱気や冷気を室内に伝えるのを防ぐ性能を持つ塗料です。遮熱塗料を使うと室内が外気温に影響されにくくなり、夏は涼しく冬は暖かく、生活しやすい室内環境へと近づけることができます。
断熱塗料は、遮熱塗料とは逆に、室内の空気を外に逃さない性能を持つ塗料。塗膜に空気の層を作って外気を遮断します。
遮熱性能や断熱性能の高い塗料を選ぶことはこれからの地球環境にもやさしいエコな塗料を選ぶことともいえます。
【光触媒塗料】
光触媒塗料は、太陽光によって汚れを分解して浮かせ、雨で洗い流すセルフクリーニング効果のある塗料です。カビや藻が繁殖しにくく、また汚れが付きにくくなるため、メンテナンス性の高さに人気があります。シリコン塗料やウレタン塗料と比較すると塗料自体の価格は高くなりますが、高付加価値機能として、現在も注目されている塗料の一つです。

外壁塗装のデメリット

①工事費用がかかる

外壁の塗り替えは家にとっては非常に大切なため、それ自体にデメリットはありません。ただし、外壁塗装を行うには足場を組み、職人さんに施工してもらうことになるため、工事費が高額になってしまいます。一般的な住宅でも、かかる費用は約100万円。しかし、外壁塗装せずに放っておくと、雨や紫外線で外壁が劣化し、やがては構造材に水分が侵入して腐食してしまう恐れがあります。その結果、建物の耐力が低下して、地震や台風などの自然災害に弱い家になってしまいます。こうなると、修繕工事も大規模になり、かかる費用も100万円では済まなくなってしまいます。何より、安心して住むことができません。毎日を安心に、快適に暮らすには、やはりお金がかかっても定期的なメンテナンスを行うことが大切なのです。

②外壁塗装でトラブルになるケースも

選ぶ塗料や業者によっては「失敗した」と感じることがあるかもしれません。中には、手抜き工事や高額な請求でトラブルになるケースも。依頼する業者が、しっかりとした専門知識を持って誠実な対応をしてくれるかどうか、事前にチェックしておきましょう。特に注意したいのは、下記の2点です。

1. 業者の質が悪い
施工業者の質の見極めは一般の方から見れば非常に難しいことと思われますが、まずは一業者としてより一人に人間として基本的な事が守られているかでもおおよその検討はつきます。例えば決められた時間を守るか、挨拶が出来ているか、その日の作業内容の説明をきっちりしてくれるか、服装は乱れていないか・・・こういった基本的なことが出来ていない業者はまず疑ってみるべきかと思われます。しかし契約が完了する前あるいは工事が始まる前に業者と顔合わせをする機会がないといったケースがほとんどかと思われます。そういった場合は思い切って事前の顔合わせを要望し、一度ご自身の目で確かめることをお奨め致します。また優良業者とめぐり合うことが出来ても、客観的な目で塗装を評価・管理する立場の現場管理者が付くことも重要です。
2. 工事金額が高額
外壁塗装の施工費用には、広告費や営業マンの人件費にコストがかかったり、また間に仲介業者が何社もいると施工業者へのマージンが高くついたりする場合があります。工事を依頼する前に、最低三社ほどに見積もりを出してもらい、比較検討しましょう。もちろん、安ければ良いというものでもありません。見積もりの明細を比較して、どこにどれだけの費用がかかるのかを確認しましょう。また、不明な点は業者に質問して、しっかり答えてくれるかどうかをチェックするのも良いでしょう。

おすすめの外壁塗装業者は?

長年お付き合いをしていて信頼できる工務店があれば、そこに依頼するのが安心です。しかし、工務店やハウスメーカー、リフォーム会社の中には、新築やリフォームには精通していても、外壁塗装には専門知識がない場合が多く、施工業者との連携がしっかりとれているのか不安が残ります。気になる場合は、塗装専門業者で一度見積もり依頼をして、比較することをお奨めいたします。塗装専門業者であれば、外壁塗装に関して専門的知識を持ち、自社で施工できるため、高品質で安価に済ませられる場合が多いです。ただし、専門店であっても業者によっては技術力が低い場合もあります。実際に相談してみて、信頼できるかどうかを見極めることが大切です。

一覧に戻る